MENU
Twitter Instagram LINE@ メルマガ

ゼロ・ウェイストを知っていなくてもいい!楽しむことが一番!

●IMG_1671.JPG

 

 

初めまして!

とくしま若者回帰アンバサダーのまっちゃです。 

 

mattya.jpeg

 

先日、“ゼロ・ウェイスト宣言の町”上勝町にある、

クラフトビールとBBQを楽しみながら、ゼロ・ウェイストを楽しく体験できる施設

『RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store』を訪問し、

店長の池添亜希さんにインタビューさせていただきました!

 

 

 

●IMG_1628.JPG

 

●IMG_1666.JPG

▲こちらが店長の池添亜希さんです。

 

学校の家庭科の授業でSDGsについて学び、こちらのお店を知ったことがきっかけで、

直接お話を伺いたいと思い、取材させていただくことになりました。

 

ぜひ、皆さんにもたくさんの魅力を感じていただけたらと思います!

 

 

 

~地域の方々にも楽しんでもらえる、お店こだわりのデザイン~

 

一番に目に留まるであろう、大きさも形もさまざまな窓枠。

 

上勝町に着いて、最初に見える場所であることから、

お出迎えの意味も込めてシンボルである窓枠が道路の方を向いているのだそう。

 

その窓枠や商品が並べられている棚、机。

 

実は、地域の方々から集めたもの。捨てるのはもったいない、でも維持するのは大変。

そういった物を一部でも残すことができれば、このお店に来た時に

「あっ、この窓枠うちにあったやつだ!」と懐かしんでもらえる。

そんなストーリーが込められているそうです。

 

 

●IMG_1632.JPG

 

●IMG_1651.JPG

 

 

~クラフトビールを販売するお店を上勝町で開こうと思ったきっかけ~

 

いまからさかのぼること約10年前のこと…。

『RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store』運営する田中達也さんが

「どうにかして上勝町を盛り上げたい」という相談を受けたそう。

 

そこで、上勝町にしかできないことは何だろうと考え、

ゼロ・ウェイストを発信しようと『上勝百貨店』という量り売りのお店を開く。

 

しかし、そのコンセプトはほとんど理解されず、浸透しなかった…。

 

 

それから2年後…。

 

たまたまアメリカを訪れた田中さんが、

グラウラーボトル(クラフトビールを持ち運べる専用ボトル)を片手にビールを楽しむ人々を目にする。

 

欧米では、その日に飲むビールをボトルに入れて持ち帰り、

無くなれば再びボトルを持って買いにやってくるのが主流だそう。

 

いわゆるビールの量り売りが日常的に行われているんですね。

 

この体験をヒントに、田中さんはひらめきます。

 

 

       “グラウラーボトルを日本でもやってみたらいいんじゃないか”

       “自分たちでクラフトビールを作れば、面白いんじゃないか”

 

 

こうして、ゼロ・ウェイストを楽しく理解してもらう場所として

現在の『RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store』が誕生したそうです。

 

初めは「楽しい」と「ビジネス」のバランスを保つことが難しかったそうですが、

徐々にファンを増やしているようです。

 

 

●IMG_1659_kiritori.jpg

▲お洒落なラベルデザインが目をひくクラフトビール。

 

 

~遠くから足を運んでくれるお客さんとの会話を大切に~

 

「どこからお越しになられたんですか?」

「どんなきっかけでおいでになられたんですか?」

店長の池添さんは、来店されたお客さまにこんな風に声をかけていらっしゃるそうです。

 

上勝町を訪れた観光客や、

ゼロ・ウェイスト活動に興味を持った方のほかにも

廃材からできた建物のデザインを学びに来た建築学を専攻している学生さんや

この建物をひと目見ようと建築士の方も訪れているのだそう。

 

このことから、池添さんは人の輪がどんどん広がっていることを実感されているそうです。

 

●IMG_1662.JPG

 

~ゼロ・ウェイストを知っていなくてもいい!~

お客さまの中には、ゼロ・ウェイストを知らない方もたくさんいる。

でも、私はむしろそれでいいと思うんです。

うちのビールを「美味しい!」とリピートしてもらって楽しんでもらうことが大事で、

「いつの間にかゼロ・ウェイストに参加していたんだ」といつか気づいてもらえたらいいなって。

もちろん気づいていなくてもいいんじゃないかって思っているんです。(池添さんの言葉より)

 

●IMG_1646.JPG

 

●IMG_1661.JPG

 

 

 

今回の取材を通して、私は新たな発見とアイデアをたくさんいただきました。

「ゴミのない社会を目指す上勝町でSDGsについて考える」

をテーマにインタビューをさせていただきましたが、

“SDGsを意識しない”ほど、楽しみの中に溶け込んでいるように感じました。

 

また、池添さんの温かい人柄に触れ、

地域の方々やお客さまへの想いを知ることができました。

 

これからもこのような活動を通して、

徳島の知られざる魅力や人々の想いをより多くの人へ届け、

知ってもらえるように頑張ってまいります!

 

●IMG_1680_トリミング済.jpg

●IMG_1653.JPG

▲グラノーラの量り売りを購入しました。
お店では、ゴミを出さない買い物の提案として、量り売りを行っています。
お買い物を楽しむことがゼロ・ウェイストにつながります!

 

 

取材に協力していただいた池添さんをはじめ、

RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeのお店の方々、

本当にありがとうございました。素晴らしい出会いに感謝です。

 

●IMG_1671.JPG

 

RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store
https://www.kamikatz.jp/

 

page top