MENU
Twitter Instagram LINE@ メルマガ

「地域おこし協力隊」の皆さんをご紹介

皆さん、地域おこし協力隊制度、ご存じですか?
この制度は、国の制度として、平成21年3月からスタート。市町村はじめ地方公共団体が、都市に住んでいる住民を「地域おこし協力隊員」として委嘱。委嘱された隊員は、一定期間(1年以上3年以下)地域で生活しながら、「農林漁業の応援」をはじめ、各種の地域協力活動に従事。旅費、謝金(報償費)など活動に必要な経費は、国から支援されます。(隊員1人あたり上限470万円)
全国の協力隊の隊員数は、5千人を超えています。また、県内では、令和3年3月末時点で、63名が活動しています。


徳島県移住・交流ウェブサイト「住んでみんで徳島で!」では、協力隊の皆さんを応援しようと、ブログで集中的に取材記事の掲載をはじめています。ぜひご一読ください。

8月ブログ(吉野川市、三好市の地域おこし協力隊の皆さん)
https://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/?monthly=2021-08-01

7月ブログ(鳴門市の地域おこし協力隊の皆さん)
https://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/?monthly=2021-07-01

6月ブログ(美馬市の地域おこし協力隊の皆さん)
https://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/?monthly=2021-06-01

カテゴリー

page top